This site
ぼくたちは、こうして出逢った。
遠くて近い オナジソラノシタ...

伝えたい、この想い。 キミに届け、この想い。

*★*―――――――――――――― ルール ――
   週前半にtomoの更新するPhotoから
   ayumiが週後半にかけてPoemをつづります
  ――――――――――――――――――――*★*

2005年02月27日

吸い込まれる瞳

ドキドキ…
ごくっ

もう、どうしよう。
どうしてこんなに大胆なんだろう。
積極的なんだろう。
どんどん顔が赤くなって止まらない。
手が震えて
目が潤んでいくのが分かる。

こんな自分を見られたくない。

心臓が激しく鼓動して
触れたくて、触れられなくて
自信のない自分と交差する
posted by tomo & ayumi at 21:51| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

メル友から「あなたが知りたい」

「寒いね。 どうしよっか?」
「とりあえずお茶する?」
そんな会話に遠いけど、いつかそんな日くるのかな。

あなたに届くといいな。
でもちょっと届いてほしくない。
自分が見えなくて。
分からなくて。

だけどあなたの前に行くと、あたしが変わっちゃう。

運命は遠いのかな。
糸は絡まらないのかな。
空回りだけど「また明日」って約束した。

メール、くるかな…。
posted by tomo & ayumi at 21:42| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

夢の中の王子様

いろんな理由をつけて、
踏み出せない自分がいるの。
もちろん、多くはこのカラダがブレーキになってしまう。
一緒にぶち壊すパワーのある人とだけ、
結ばれるような気がする。

だけど。

それを意識せずに「一緒にいたい」と思えるだけの人
見つけるのって難しい。

あなたはそんな人だったね。
だけど、もう、隣にはいない。

今、なにをしていますか?

あたしには、気まぐれな春風が吹いています。
posted by tomo & ayumi at 22:46| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

大切な人、ときめきの瞬間

いつもどうしようもない仲間同士
兄弟のように回し食べをして
しょうがないなぁとフォローをして
泣きじゃくるきみを慰めて
一緒に笑って、一緒に怒った

そんな特別な時間が終わる時
新しくスタートを切るんだね

必死になってプロジェクトをすすめる君は
カッコよすぎる
スーツが苦しいとワイシャツを着崩して
それでも徹夜で仕事をして
多くの人を仕切る姿はドキッとした

あなたになにをしてあげられるだろう

たったひとつのその瞬間に
posted by tomo & ayumi at 22:21| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

やさしい魔法

「すぐに会えるよ」

そう言って
ダイスキなその手で
ぽんぽんっと
頭をなでてくれた

一番落ち着いて
一番だいすきなこと

寂しくてたまらないのを
ぐっとこらえなきゃって
思えるようになれる

そうだよ
あなたも同じ気持ちだもん

だから
その大好きな魔法で
笑顔になれるよ
「うんっ」て返せる

背伸びをしたオトナの恋ではないけど
そんな等身大でいられる関係が
本当に好き
あなたと一緒にいる時が
ホントのわたし

またその魔法をかけて
とっても気持ちよくて、あったかい
その魔法を
posted by tomo & ayumi at 00:00| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

あなたの好きな食べもの。

餃子でしょ。
カレーでしょ。
フルーツいっぱいのケーキでしょ。

見るたびに思い出してしまう。
食べさせてあげたいなって、
思ってしまう。

きっとあなたは、なにも言わずにもくもくと食べて、
あたしが食べるのに苦戦してるのに気づき、
さっと手を貸してくれるんだよ。

「ごめん。おいしくて、つい…」

知ってるよ。
夢中になって、お腹いっぱいにしちゃうんだよね。
でも気づいた瞬間、食べるスピードをあわせてくれる。

あたしが
「おいしい♪」って笑えば、
同じ顔で笑ってくれる。
posted by tomo & ayumi at 21:11| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

浮かぶ夢が消えた聖夜

あなたのいない
初めてのクリスマス

今日から6年目。
これからもよろしくお願いします。

そんな言葉は夢となり
幻となり
もう叶うことはないと
浮かんだ空を見上げたら
満月だった

涙がこぼれた

一人歩くこの夜は
今までにない一番の寒さだよ

来年、この時に
あなたより幸せと笑ってるあたし

そうなると信じてる
posted by tomo & ayumi at 11:12| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

LastChristmas

世界中の宝石を買い占めても足りないのなら、
その分、好きになる。

こんな風に言われたら、どう反応するんだろう。

照れるかな。
もぉって思うかな。
ばっかじゃないの!?て思うかな。
嬉しくて涙がこぼれるかな。

ずっとずっと残ってる言葉たち。
多分、言った人たちは忘れてしまってるだろう。

ドキドキする言葉がほしい。

だけど、気持ちがこもっていなきゃ、
ひとつもキモチよくない。

だけど伝えて。
伝えてくれなきゃ分かんない。

名前で呼んで。
見つめて。
気持ちを込めて、ゆっくりと。

あたしの名前…

そして、その先を聞かせて。
posted by tomo & ayumi at 23:06| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

鎖と鍵

あれから1ヶ月。
あたしはどこを漂っていたんだろう。
あっという間に1ヶ月。
もう1ヶ月。

失くしてしまった、ぽかんとした気持ち。
寂しさという苦しみから、開け放たれた気持ち。
嫉妬という鎖から、解き放たれた気持ち。
恋の呪縛がなくなった気持ち。

ぷつんと飛んでって。
どこへ行っていたんだろう。

悲しみの波が去って、
いま残っているのは、なぜか開放感。

寂しさも、不安も、嫉妬も、悲しみもない。
だけど。
癒しも、喜びも、パワーの源も消えちゃった。

期待も希望もしていない。
だけど、ポストを覗いてしまう。

渡していた家の鍵、送ってこないね。
posted by tomo & ayumi at 23:36| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

まぼろし

ふと見つけた人に、
あなたを重ねてしまう。
肌とか、髪とか、唇とか。
なんだか似ているような気がして、
姿を追いかけた。

まるで、昔のあなたを見つけたみたい。

少し疲れて。
髪もセットしたのがとけかかってる。
スーツが初々しくて。
座り込んだらピクリとも起きない。

慌てて電車を降りる姿。
わたしからも降りてしまったね。
posted by tomo & ayumi at 20:43| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

ばいばい。

11月11日。

カケラを拾い集めて、
残像もツメこんで、
全て送り出した。

皮肉なのか洒落なのか。
送料は片道電車賃と一緒。
1100円。
時計を見たら11時だった。

本当にばいばい。

心の中でつぶやいて。
奥へ運ばれていく姿を見送る。

これで、おしまい。
posted by tomo & ayumi at 17:15| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月09日

「抱きしめて」

「ねえ、抱きしめて?」

そんな風にストレートに伝えたら
まっすぐ目を見て話したら

あなたは感じてくれますか?


弱さを理由に流されそうになる
でも、あなたは言った

あたしは弱い子なんかじゃない
繊細で1つ1つは細くても
しっかりと織られた
強い子なんだよ
posted by tomo & ayumi at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの靴。

どこにでも
大量生産されているあの靴。
安いし多くのヒトが履いてる。

見つけた。

通勤電車の中で、Gパンにあの靴を履く人。
すぐに姿を追いかけて。

「ココにいるわけないじゃん」

住む地も違うのに、姿を探してしまう。
ふと現れて、驚かしてくれるコトを期待して。

この電車も。
道路も。
部屋のなかも。

カケラがいっぱい落ちている。
posted by tomo & ayumi at 21:59| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月08日

線路は続く

あのヒトの住む地へ行く電車
オレンジのあの電車
乗りなれた風景を目指そうと
もとめてた

参ったな
お化粧も全部してるのに
苦しいよ
泣きそうになった

まだずっと、あたしの中に続いてるんだ

あの線路と一緒に
posted by tomo & ayumi at 22:59| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月26日

ほんとはね。

だいすきで、だいすきで
愛してると伝えたくて

素直にいうと重くなりそうで
言えなかった
寝ても覚めても伝えたいくらい

いつからすれ違ってしまったのだろう
いつから離れてしまったのだろう
いつから…?

気づくこともできなくて、
ただ突っ走っていた自分がくやしい

「がんばってる姿が好きだよ」

そんな言葉に嬉しくて
もっともっと好きになってほしくて
ただがむしゃらにいろんなことをがんばってた
仕事も、趣味も、なんでも精一杯

「がんばったね」って笑顔をもらえる
なでてもらえる
最高のごほうびをもらいたくて
胸に飛び込める日を数えて

あなたが笑ってくれるなら、
ちょっとくらいのつらいことも乗り越える
一緒にがんばってると想えるから
寂しさも我慢できる

「誰にも負けないよ、あなたへの想い」

なにも言葉は返ってこないけど
たくさん伝えたい
伝えすぎるとつかれちゃうだろうから
いっぱい表現したい

ただ笑ってくれるあなたがエネルギーで
抱きしめてもらう時が、たったひとつの休息

あなたの気持ちが一番で
あなたのいやなことは全てやめる
あなたが喜ぶことはとことん続ける

だから、伝えて

「すき」と「きらい」を

だけどあなたの願い、ひとつだけ叶えることはできない
わたしとあなたを、はなればなれにすること
一緒に笑うから意味があって、一緒にいるから叶えられる

わたしがあなたの一番になるから
posted by tomo & ayumi at 00:00| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

未来を見ることができないから

ぼくがずっと言おうと思っていて
言えずにいた言葉

別れよう。

これを伝えたら
あなたはどうなってしまうのだろう
最近のあなたを知らないから
ぼくはどうすればいいのだろう


いつからこうなったのか分からない
だけどあなたに出会えて
ぼくは変わることができた
なのに
あなたの愛を受け止めきれない

誰より愛してくれて
誰より命をかけてくれた

「全ての人の分、あなたを愛するから」

力強く、迷わずに、ぼくに投げかける言葉
だけどぼくは答えられなかった

「ぼくも」と。

あなたのことを想う気持ちを
ぼくはどれだけ伝えただろう
どれだけ伝わっただろう
たぶん、あなたが伝えてくれるほど
ぼくは伝えていなかっただろう
それに慣れてしまってた

あなたの寂しさひとつ、受け止めることができなくて

ぼくは
あなたを傷つけすぎた

愛しているから
泣き顔は見たくない
笑っていてほしい
がんばるあなたが一番だから

身勝手だ
分かってる
だけど、どうにもできない

ぼくを解放してくれ
ののしられればどんなに楽だろう
受け止めないでくれ

がんばれと言う言葉に
あなたは笑って喜んだ
そして羽ばたいた

あなたが輝くほどに、嬉しくなる
遠くなる
苦しくなる

ぼくはなにをしているのだろう、と

ぼくにあなたを
つかまえることは、もう、できない
一緒にいることが耐えられない

まぶしすぎて
本当は手を離したくなくて
でも、なにができるのだろう

いつかあなたの足かせになるだろう
だから言わなきゃ

この言葉を
posted by tomo & ayumi at 20:27| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

チェーンと地震

やっぱり心配で。

大きな地震は、
彼の住む地でも大きな震度をあたえてて、
メールをしてみた。

エラーは返ってこないから、メルアドは変わってないのかな。
大丈夫であることを信じて。
願って。


お昼前にペンダントの鎖が切れた。

夢のスタートのカタチで、
プレゼントしてくれたペンダント。
2年間ずっと毎日つけてたもの。
いやな予兆でないことを、ただ願ってる。


いま手元から離れてる。
すぐに修理に出したから。

あなたのハートと一緒に戻ってきてほしい。
posted by tomo & ayumi at 23:33| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

覚えていますか?

肌寒くて
薄曇りで
きらきらしたあの瞬間を

気候とはうらはらにあったかくて
ドキドキして
すべての色が鮮やかに変わった

やっと出会えたんだよね


あれから時が経ち
たくさんの時間を過ごして
いろんな気持ちをぶつけて
歩んできた

今あなたはそばにいないね

どこにいるの?
なにをしているの?
わからない

なんだか寒さが厳しく感じるね
さすがにちょっとこたえてる


淋しいよ…
posted by tomo & ayumi at 10:14| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

3、2、1…

たぶん
そうなる

だから
せつなく

生まれ変わることを夢見て
posted by tomo & ayumi at 22:46| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月03日

想いが届けば見えるもの

あのね
ひそかに強く想ってたの

会えなくていい
目があわなくてもいい
この空間にあの人にいてほしいと
ずっと会えずにいるあなたに

だから
もし
あの場にいてくれたのなら
すごく
すごく
嬉しいよ

あたしの想いが今度こそ伝わりますようにって
いっぱいいっぱい願い続ける

あなたのことが好きなんだぁって
もう一度強く想った日だったよ
posted by tomo & ayumi at 23:53| Murmur of Heart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。